top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

チリの最多獲得賞金記録を持つウィンヒアーが引退

 チリ競馬史上もっとも賞金を稼いだ馬であるウィンヒアー(Win Here)が現役を引退した。チリの競馬メディア『バモス・ア・ラ・イピカ』が報じた。


 ウィンヒアーは父ブレスレスストーム、母アサレイア、その父キングアレックスという血統の9歳騙馬。2013年10月4日にチリのエル・シェイク牧場で産まれた。半兄ストームアレックス(Storm Alex)はGⅠ馬である。



 2016年5月20日にデビューし、3戦目で初勝利をあげた。鋭い末脚と豊富なスタミナを武器に6年間も現役生活を過ごし、通算63戦28勝という成績を残した。3億3100万ペソという獲得賞金は、チリ競馬史におけるレコードである。


 重賞は10勝。その中には2019年と2021年のGⅠイポドロモ・チレが含まれる。また、2019年、2021年、2022年にはチリ代表として競馬の南米競馬選手権GⅠラティーノアメリカーノに出走し、21年と22年は3着と健闘した。


 騙馬であるため種牡馬にはなれない。今後は馬術競技の馬になる予定である。




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page