top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

シーキングザダイヤが2022年のチリ種牡馬リーディングを獲得

 12月31日のチレ競馬場開催をもって、2022年におけるチリ競馬の全日程が終了した。


 チリ・スタッドブック、および、チリの競馬サイト『エル・トゥルフ(El Turf)』の集計によると、シーキングザダイヤが勝利数においても獲得賞金においても種牡馬リーディングを獲得した。種牡馬リーディングを獲得するのは2016年以来6年ぶり2回目である。


 圧巻の1年だった。


 勝利数は260勝で、2位のジェモロジストに30勝もの差をつけて首位に立った。2016年の自己記録である223勝を大幅に更新するだけでなく、2015年にタンブルブルータス(Tumblebrutus)があげた241勝という近年のチリ最高勝利数も更新した。


 獲得賞金額は11億2590万3500ペソであり、10億8899万8250ペソで2位となったルッキンアットラッキーとの争いを制した。獲得賞金額においても、2016年の自己記録である10億8875万4500ペソを更新した。


※これらの数字は2023年1月1日11時00分閲覧時の速報値であるため、今後の情報更新で変わる可能性が高い。


 重賞は4勝。うちGⅠは2勝である。


 

6月16日

GⅢカルロス・アジェンデ・ナバーロ

勝ち馬:ネグラロカ(Negra Loca)

https://youtu.be/qCIwr3ezhRQ


6月26日

GⅠアルトゥーロ・リオン・ペーニャ

勝ち馬:ソスヘニア(Sos Genia)

https://youtu.be/0fI0THqfOhs


8月7日

GⅠポージャ・デ・ポトリージョス

勝ち馬:ミエレヒード(Mi Elegido)

https://youtu.be/wZodbMv7E70


12月7日

GⅢアルフレッド・L. S.・ジャクソン

勝ち馬:クラッケン(Krakken)

https://youtu.be/SzmgTJwNaKw

 

 シーキングザダイヤは2016年のリーディング獲得以降、2017年145勝、2018年113勝、2019年118勝と成績が下降していき、2020年は新型コロナウイルスによる競馬開催中断の影響もあったが、2013年の初年度産駒デビュー時以来となる3桁割れの93勝にとどまった。このまま衰えていくものと思われたが、2021年に184勝(重賞6勝、GⅠ3勝)をあげて大幅に数字を回復すると、勢いそのままに再びチリ生産界の頂点に君臨した。


 12月31日に行なわれた2022年チリ最後の特別競走アニョ・ヌエボ(=新年賞)は、シーキングザダイヤ産駒のネグラロカ(Negra Loca)が5馬身差で逃げ切り勝ちおさめた。縁起の良い名前のレースを産駒が勝ち、2023年も活躍が期待される。


 2001年3月1日産まれの21歳。シーキングザパールの息子。老いてますます盛ん。


■ 特別競走アニョ・ヌエボ(=新年賞)



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

【Twitter】 @koyakinoshita24

【Instagram】 @kinoshita_koya1024

【Mail】 kinoshita.koya1024@gmail.com

【HP】 https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page