top of page

南米競馬ニュース(2023年5月11日)

【アルゼンチン】ガブリエル・ボナソーラ騎手とレオポルド・アルモーア騎手が落馬で一時意識不明も回復


5月10日のサン・イシドロ競馬場1Rで落馬事故が発生した。落馬したガブリエル・ボナソーラ騎手とレオポルド・アルモーア騎手は頭を強く打って意識不明の状態で競馬場内の病院に運ばれたが、まもなく意識を取り戻した。ボナソーラ騎手は検査の結果異常はなかったが、意識を失ったため経過観察の入院が必要となる。アルモーア騎手は気胸を起こしたためこれから胸腔ドレナージを受ける。


 

【アルゼンチン】GⅠジョッキークルブの勝ち馬ナタンの復帰戦は4着


5月11日にサン・イシドロ競馬場で行なわれたリステッド競走マコンで今年の初戦を迎えたGⅠジョッキークルブの勝ち馬ナタン(Natán)は、1番人気に支持されるも直線伸びきれずに4着に敗れた。勝ったのはロバーツヒット(Roberts Hit)で、このレースはフィルマメント牧場生産馬の1,2,3決着となった。


 


【アルゼンチン】サトゥは6月25日のGⅠエストレージャス・マイルへ


5月6日にサン・イシドロ競馬場で行なわれたGⅢサザンヘイローで初黒星を喫したサトゥ(Satu)は、予定どおり6月25日にサン・イシドロ競馬場で行なわれるGⅠエストレージャス・マイルに向かう。陣営は敗因として馬場状態を理由に挙げた。レース後も馬体に異常はなく、すでに馬場入りを再開している。



 

【ブラジル】GⅠ馬プラネタリオがアメリカGⅢサン・ルイ・レイSに出走


2021年にブラジルのGⅠを2勝したプラネタリオ(Planetário)が、5月13日にサンタアニタ競馬場で行なわれるGⅢサン・ルイ・レイSに出走を予定している。昨年6月18日のアメリカデビュー戦で5着に敗れて以来11ヶ月ぶりの実戦となる。鞍上はチリ人のエクトル・ベリーオス騎手。



 

☆チリの名種牡馬ヒューソネット(Hussonet)の名前がつけられたチリワインが日本でも購入できます。ぜひお試しあれ!


 

内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

【Twitter】 @koyakinoshita24

【Instagram】 @kinoshita_koya1024

【Mail】 kinoshita.koya1024@gmail.com

Koya Kinoshita

スペイン語通訳

スペイン競馬と中南米競馬を隅々まで紹介&徹底解説する『南米競馬情報局』の運営者です。

全国通訳案内士というスペイン語の国家資格を所持しています。

東京在住のインドア派。モスバーガーとミスタードーナツが好きです。

  • X
  • Instagram
  • スレッド
  • note
  • Amazon
  • Ko-fi

CATEGORY

bottom of page