• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

伏兵ミッドナイトコーフィーが大差でドミニカ1冠目マティアス・ラモン・メージャを優勝


写真:Hipódromo V Centenario http://hvc.com.do/galeria-de-fotos-04-06-2022/

 6月4日、ドミニカのキント・センテナリオ競馬場でGⅠマティアス・ラモン・メージャ(ダ1700m - 3歳内国)が行なわれた。このレースはドミニカ3冠競走の1戦目である。


今年は8頭が出走した。④ウマニタリオセーエネ(Humanitario C N)がハナを切り、①マレモトペ(Maremoto P.)が2番手につけた。この2頭が後ろを離して逃げた。向こう正面で6番手にいたエスメルリン・フスト騎乗の②ミッドナイトコーフィー(Midnight Koffe)が徐々にポジションを上げると、直線の入り口で早くも先頭に立ち、後続をぐんぐん引き離して圧勝をおさめた。勝ちタイムは1分46秒20。2着には最内を追い込んだ⑧ドングータ(Don Guta)が入り、3着は⑥プーロタレント(Puro Talento)だった。


「家族とチームのみんなに感謝したい。私もこの結果には驚いている。非常に良い馬なので、状態が良ければ3冠を達成する可能性もあると思っている」と、馬主のオマール・シュヴァリエ氏は述べた。


 鞍上を務めたフスト騎手は「勝つことができて嬉しい。私を信頼してくれたチームに感謝したい。このトロフィーは応援してくれたファンに捧げる。本当にありがとう」と述べた。


 ミッドナイトコーフィーは父ラーン、母ラオルグジョーサ、その父トレジャラーという血統で、ドミニカのデル・マル・コレクション牧場で産まれた。管理するのはホセ・ベルトレー調教師である。


 11戦3勝という成績でこのレースに挑んだが、重賞勝ちがなかったため伏兵扱いだった。ハイペースを読んだエスメルリン・フスト騎手の好騎乗もあり、ドングータやマレモトペといった実績馬を蹴散らした。通算成績は12戦4勝(重賞1勝)。


 2冠目のフランシスコ・デル・ロサリオ・サンチェス(ダ1800m - 3歳)は、6月末にキント・センテナリオ競馬場で開催される予定である。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e