• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ゾンマーズンが世代最初のカテゴリーA競走グラン・クリテリウムを勝利


ソメルスン(Sommersun)
写真:Hipódromo San Sebastián(@HipodromoSnSn) https://twitter.com/HipodromoSnSn/status/1563943642137509891

 8月28日、スペインのサン・セバスティアン競馬場でカテゴリーA競走グラン・クリテリウム(芝1500m - 2歳)が行なわれた。2020年産馬にとって最初のカテゴリーA競走である。


 ③マックスマジカル(Max Magical)が取り消し、レースは10頭立てとなった。近2走を圧勝で連勝したクラックスマン産駒の牝馬⑩ペトラ(Petra)が2.0倍で1番人気に支持された。ここまでの3戦はいずれも直線競馬であり、初のコーナーと距離延長が課題だった。


 最下位人気の⑨ミセスピンク(Mrs Pink)が軽快に飛ばしてハナを切り、⑦エノリーナ(Enorina)が2番手、⑧カタリーナ(Katalina)が3番手につけた。人気のペトラは中団やや後ろにつけた。直線に入っても前は止まらず、このまま3頭の決着になるかと思われた。しかし、道中は後方2番手に控えていたリカルド・ソウザ騎乗の2番人気⑤ゾンマーズン(Sommersun)が馬場の中央から猛烈に追い上げ、ゴール手前でエノリーナをとらえて優勝した。勝ちタイムは1分36秒30。3着にはミセスピンクが粘った。1番人気のペトラは8着と大敗した。


 ゾンマーズンは父ゾンマーアーベント、母スニーラ、その父モチヴェーターという血統の2歳騙馬。2020年2月29日にフランスで産まれた。2022年が初開催となったマドリード・ブリーズアップセールに上場され、1万6000ユーロで落札された。


 2022年5月1日にデビューし、2戦目で初勝利をおさめた。前走はサン・セバスティアン競馬場の芝1400mに出走して連勝を飾った。通算成績は4戦3勝。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)


【連絡先】

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com


【サポート】

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e