• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ゾンマーズンがグラン・クリテリウムを制してスペイン2歳王者に君臨

 10月29日、スペインのサルスエラ競馬場でカテゴリーA競走グラン・クリテリウム(芝1600m - 2歳)が行なわれた。


 ⑧サントアニッタ(Sant'anitta)が取り消して9頭立てとなった。前走でカテゴリーB競走クリテリウム・ポトランカスを3 1/2馬身差で快勝した牝馬の⑦ペトラ(Petra)が3.10倍で1番人気に支持された。サン・セバスティアン競馬場のクリテリウムを勝った⑤ゾンマーズン(Sommersun)が4.00倍の2番人気となった。


 ③マンカーヨ(Mancayo)がハナを切り、④パンプローナ(Pamplona)が2番手につけた。ゾンマーズンは3番手を追走し、それをマークするように外からペトラが続いた。直線に入るとリカルド・ソウザ騎乗のゾンマーズンが楽に抜け出し、ペトラの追い上げを1 1/4馬身差振り切って勝利した。良馬場の勝ちタイムは1分38秒83。3着には追い込んだ⑨ウォーオブダンス(War Of Dance)が入り、上位人気3頭での決着となった。



 ゾンマーズンは父ゾンマーアーベント、母スニーラ、その父モチヴェーターという血統の2歳騙馬。2020年2月29日にフランスで産まれた。2022年4月に開かれたマドリード・ブリーズアップセールに上場され、アントニー・フォルデ氏が1万6000ユーロで落札した。


 2022年5月1日にサルスエラ競馬場でデビューし、6月4日の2戦目で初勝利をあげた。前走はサン・セバスティアン競馬場で行なわれたカテゴリーA競走クリテリウム・インテルナシオナルに出走して差し切り勝ちをおさめた。今回の勝利で4連勝、カテゴリーA連勝となり、スペイン2歳王者の座を確固たるものとした。通算成績は4戦3勝。




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com