• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ジャマイカ3冠競走を紹介

この記事はジャマイカの競馬メディア『クイックギャロップ(QUICKGALLOP)』に掲載された "BLUE VINYL SEEKS SUPREME DISTINCTION – MUST READ TRIPLE CROWN FACTS AND FIGURES" を参考に作られています。

 

 1921年、ジャマイカでダービーが創設された。記念すべき第1回ジャマイカ・ダービーは4頭で争われ、バックダンサー(Buck Dancer)というスターライト産駒のジャマイカ産馬が勝利した。1921年から1930年まではダート2000mだったが、1931年からダート2400mに変更となり、現在もこの条件で行なわれている。


 ちなみに、ジャマイカ・ダービーでは同着が2回ある。1934年はクロイスター(Cloister)とフェルラ(Ferula)が、1944年はピンノキオ(Pinnochio)とファストネット(Fastnet)が1着同着だった。


 ジャマイカ・ギニーズが創設されたのもダービーと同じ1921年である。第1回は9頭立てで行なわれ、スランダー(Slander)というスロックモートン産駒のジャマイカ産牝馬が優勝した。ギニーズは1958年までダート1700mで、1959年から1972年まではダート1800m、1973年からダート1600mとなった。


 ジャマイカに3冠競走ができたのは1924年である。この年、ジャマイカ・セントレジャーが創設された。1924年から1966年まではダート2800m、1967年から1979年まではダート2000m、1970年から1990年までは再びダート2800mに戻り、1991年からまたダート2000mとなった。


 セントレジャー創設1年目、そしてジャマイカ3冠創設1年目から3冠馬が誕生した。スロックモートン産駒のジャマイカ産牡馬モンクレア(Mont Clare)が、ジャマイカ競馬史上初の3冠馬である。


 ジャマイカ3冠の歴史は大きく2つに分かれる。キングストンにあったナッツフォード・パーク競馬場で行なわれていた1924年から1958年までと、セント・キャサリンにあるケイマナス・パーク競馬場で行なわれている1959年から現在までの2期である。


 ナッツフォード・パーク競馬場では6頭の3冠馬が誕生した。1924年のモンクレア(Mont Clare)、1926年のサラバンド(Saraband)、1930年のバイジョーヴ(By Jove)、1937年のマニームーン(Money Moon)、1939年のジョージメタクサ(George Metaxa)、1950年のマークトゥウェイン(Mark Twain)である。このうちマニームーンだけが牝馬である。


 1973年、3冠競走に新たなレースが加わった。それがジャマイカ1000ギニーである。これにより、これまでは牡牝混合で行なわれていたジャマイカ・ギニーズが、1000ギニーは牝馬限定、2000ギニーは牡馬と騙馬限定と分けられた。両ギニーズの勝ち馬が、3冠を目指してセントレジャーとダービーで激突するという現在の構図が出来上がった。1000ギニー、2000ギニー共に斤量は57kgだが、セントレジャーとダービーでは牡馬が57kg、牝馬が55kgとなる。


 なお、ダービーでは2度の同着優勝があるが、1000ギニー、2000ギニー、セントレジャーではハナ差決着はあるものの、同着は今まで1度もない。


 ケイマナス・パーク競馬場では12頭の3冠馬が誕生している。1981年のロイヤルダッド(Royal Dad)、1987年のマンデーモーニング(Monday Morning)、1988年のリウチープー(Liu Chie Pooh)、1989年のザヴァイスロイ(The Viceroy)、1992年のミリグラム(Milligram)、1996年のウォーゾーン(War Zone)、2000年のアイムサティスファイド(I'm Satisfied)、2002年のシンプリーマジック(Simply Magic)、2008年のアルサフラ(Alsafra)、2010年のマークマイワード(Mark My Word)、2017年のシーズアマンイーター(She’s a Maneater)、2019年のシュプリームソウル(Supreme Soul)である。このうちシンプリーマジック、アルサフラ、シーズアマンイーターの3頭が牝馬であり、1000ギニー、セントレジャー、ダービーで3冠を達成している。


 ここからはジャマイカ3冠にまつわる様々なデータを紹介する。


 騎手でもっとも3冠達成を経験したのはウィンストン・グリフィス騎手(Winston Griffiths)である。ロイヤルダッド、リウチープー、ミリグラム、アイムサティスファイド、シンプリーマジックで5度も3冠優勝を成し遂げた。


 グリフィス騎手には3冠に導いた馬がもう1頭いる。それがザヴァイスロイである。ザヴァイスロイは2000ギニーをイアン・スペンス騎手(Ian Spence)で勝ち、ダービーとセントレジャーをグリフィス騎手で勝利した。


 非ジャマイカ人として3冠を達成した騎手は2人いる。トリニダード・トバゴ人のブライアン・ハーディング騎手(Brian Harding)と、パナマ人のディック・カルデナス騎手(Dick Cardena)である。ハーディング騎手は2008年にアルサフラを、カルデナス騎手は2010年にマークマイワードを3冠に導いた。


 調教師では、フィリップ・フィーニー調教師(Philip Feanny)の5回が最多である。リウチープー、ザヴァイスロイ、ミリグラム、アイムサティスファイド、シンプリーマジックで3冠を達成した。


 面白いのが1987年の3冠馬マンデーモーニングである。この馬はジャマイカ競馬史上唯一、2人の調教師で3冠を達成した。2000ギニーはスタンレー・フィンドレー調教師(Stanley Findlay)が、残りの2冠はイーノス・ブラウン調教師(Enos Brown)が管理した。騎手も2人になったのだが、こちらは2000ギニーとダービーはエヴァートン・ミラー騎手(Everton Miller)が、セントレジャーはパトリック・ベックフォード騎手(Patrick Beckford)が騎乗という分かれ方だった。


 2回以上3冠達成を味わった馬主はいない。種牡馬ではイグゾティックトラヴェラー(Exotic Traveler)が2頭の3冠馬を輩出した。1992年のミリグラムと1996年ウォーゾーンである。


 今年はブルーヴァイニル(Blue Vinyl)というバーンアイデンティティー産駒の牡馬がジャマイカ・ダービーで3冠に挑んだ。しかし、ニュークリアーウェイン産駒の牝馬アトミカの3着に敗れた。これで2022年のジャマイカ3冠競走は、ブルーヴァイニルが2000ギニーとセントレジャーの2冠、アトミカが1000ギニーとダービーの2冠と分け合った。2019年シュプリームソウル以来となる19頭目の3冠は翌年以降に持ち越しである。


QUICK GALLOP / Denzil Miller Jr.



■ 1988年ジャマイカ・セントレジャー


■ 1996年ジャマイカ・ダービー


■ 2022年ジャマイカ1000ギニー



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)


【連絡先】

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com


【サポート】

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e