• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

ジョーダンレインズがシーズアマンイーター・トロフィーを勝利してGⅠ連勝

 8月27日、ジャマイカのケイマナス・パーク競馬場でGⅠシーズアマンイーター・トロフィー(ダ1600m - 3歳以上)が行なわれた。


 今年は8頭で争われた。前走GⅠイーロス・トロフィー(ダ1400m - 3歳以上)を走った馬が5頭を占めた。そのときの勝ち馬②キングアーサー(King Arthur)が単勝オッズ 2/1 で2番人気となった。1/1 の1番人気は3連勝でGⅠレゲエ・トロフィー(ダ直1000m - 3歳以上)を勝ったアメリカ産馬⑥ジョーダンレインズ(Jordon Reign's)だった。これまではスプリントを専門としていたため、マイル戦は今回が初めてとなる。


 スタートしてからしばらくは④ランアウェイアルゴ(Runaway Algo)が先頭を走ったが、向こう正面でデーン・ドーキンス騎乗のジョーダンレインズが先頭を奪った。コーナーで③アイアムフレッド(I Am Fred)が競りかけてきたが、直線に入ってもジョーダンレインズの手応えは良く、外から伸びてきた①イーロイ(Eroy)に2馬身差をつける逃げ切り勝ちをおさめた。良馬場の勝ちタイムは1分39秒20。3着は途中から控えて直線で追い込んだランアウェイアルゴだった。


 ジョーダンレインズは父モスラー、母ディアリービーグッド、その父スクリムショーという血統の4歳牡馬。2018年2月17日にアメリカのヒルウッド・ステーブルズで産まれた。2019年のセールで3000ドルで取引され、ジャマイカのロームの所有となった。


 2021年10月23日にデビューし、デビューから2連勝をおさめた。7月のGⅡサラブレッド・レーシング・ホール・オブ・フェイム・ステークス・トロフィー(ダ1200m - 3歳以上)で重賞初勝利を飾ると、前走のGⅠレゲエ・トロフィーでGⅠ初制覇をおさめた。今回は初めてのマイル戦だったが、距離延長を難なく突破してGⅠ連勝を決めた。通算成績は9戦7勝(重賞3勝)。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)


【連絡先】

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com


【サポート】

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e