• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

2021年のジャマイカ2冠牝馬シーズアワンダーが急死


シーズアワンダー(She's A Wonder)
写真:Quickgallop https://www.quickgallop.com/classic-winning-filly-shes-a-wonder-moves-on/


 ジャマイカの競馬メディア『クイックギャロップ(Quickgallop)』によると、2021年にジャマイカ1000ギニーとジャマイカ・オークスの牝馬2冠を達成したシーズアワンダー(She's A Wonder)が急死した。同馬は22日にケイマナス・パーク競馬場で行なわれたGⅠゴールド・カップ(ダ1400m - 3上)に出走し、8頭立ての最下位に敗れていた。


「ご存じのとおり、シーズアワンダーは22日にゴールド・カップに出走した。彼女は無事に厩舎に戻ってきたが、22日の23時以降に亡くなったと思われる。シーズアワンダーのような牝馬を管理できたのは大きな喜びであり、競走成績は素晴らしかった。本当に惜しい牝馬を亡くした」と、シーズアワンダーを管理したイアン・パーサード調教師は述べた。


 シーズアワンダーは父バーンアイデンティティ、母ジャマイカンドリーム、その父サザンヘイローという血統の4歳牝馬。2018年3月22日にジャマイカで産まれた。


 2020年9月19日にデビューすると、4戦目で初勝利をあげた。2歳時は6戦1勝だったが、3歳になると3連勝でGⅡを2勝。勢いそのままにGⅠジャマイカ1000ギニーを7 1/4馬身差で圧勝した。牡馬との対戦となったGⅠジャマイカ・セントレジャーでは3着に敗れたが、GⅠジャマイカ・オークスでは3馬身差の勝利をおさめてジャマイカ牝馬2冠を達成した。その後は目立った成績を残せず、2022年7月30日のアローワンス戦が最後の勝利となった。通算成績は21戦8勝(重賞4勝)。


■ ジャマイカ1000ギニー


■ ジャマイカ・オークス


内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com