• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

アメリカ産馬イクセシヴフォースがGⅠポート・ロイヤル・スプリントを差し切り勝ち

 11月12日、ジャマイカのケイマナス・パーク競馬場でGⅠポート・ロイヤル・スプリント(ダ1200m - 3歳以上)が行なわれた。


 混戦模様の8頭立てとなった。6/5の1番人気には5戦4勝の3歳牝馬⑤マデリンズサンシャイン(Madelyn's Sunshine)が支持された。いっきにGⅠ獲りなか。⑥デューク(Duke)と④アイヴゴットマジック(I've Got Magic)が2/1で2番人気となった。


 マデリンズサンシャインがハナを切り、デュークが2番手につけた。馬群は1馬身ずつ1頭が並ぶ形となった。マデリンズサンシャインがそのまま粘りきるかと思われたが、道中は後方で脚を溜めていたベベト・ハーヴェイ騎乗の5番人気②イクセシヴフォース(Excessive Force)が内から伸び、ゴール前でマデリンズサンシャインをとらえて1 1/4馬身の勝利をおさめた。良馬場の勝ちタイムは1分12秒20。3着には最低人気のエルプロフェソール(El Profesor)が入った。



 イクセシヴフォースは父ブロークンヴァウ、母フィーヴァードキス、その父スマートストライクという血統の5歳牡馬。2017年5月13日にアメリカで産まれ、2019年のセールで1万6000ドルでジャマイカのHAMステーブルズに購入された。


 2020年10月11日にデビューし、3戦目で初勝利をおさめた。その後はアローワンス戦で勝ったり負けたりを繰り返す馬に過ぎなかったが、今年4月23日のマイルGⅠヴァイスロイ・トロフィーで重賞初制覇を飾った。前走のアローワンス戦5着からおよそ半年ぶりの出走だったが、見事な差し切りでGⅠ2勝目をあげた。通算成績は24戦7勝(重賞2勝)




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com