top of page

シーズマイデスティニーがGⅠレディー・ギータTでGⅠ2勝目をあげる

 5月6日、ジャマイカのケイマナス・パーク競馬場でGⅠレディー・ギータ・トロフィー(ダ1200m - 3歳以上)が行なわれた。


  登録していた20頭のうち7頭が出走することになった。4月22日のGⅠヴァイスロイ・トロフィーを勝ったアメリカ産馬のアイアムフレッド(I Am Fred)は回避した。


 単勝オッズ 3/5 の1番人気には牝馬の③シーズマイデスティニー(She's My Destiny)が支持された。2022年のGⅠクリストファー・クリス・アーモンド・スプリントTの勝ち馬で、今年に入っても牡馬を相手にGⅠで2,3着と好走している。トップハンデとなる57kgの斤量を背負う。



 そのシーズマイデスティニーが積極的にハナに立った。④マデリンサンシャイン(Madelyn's Sunshine)が2番手を追走し、しばらくしたところで⑦プレスカンファレンス(Conference)が外から上がっていって3番手につけた。


 リーヤン・ルイス騎乗のシーズマイデスティニーは直線に入ってもまったく勢いが衰えず、追いすがる3番人気のマデリンサンシャインに4馬身の差をつけて快勝した。良馬場の勝ちタイムは1分13秒20。3着には道中最後方から追いこんだ最低人気の⑤アンルーリーボス(Unruly Boss)が入った。


 シーズマイデスティニーは父バーンアイデンティティー、母ウーマンイズボス、その父トラディショナルという血統の5歳牝馬。2018年3月4日にジャマイカで産まれた。


 2021年5月15日のデビュー戦を勝利し、2戦目でも白星をあげた。その後はマイル以下の路線に狙いを絞り、2022年11月のGⅢセイント・エリザベス・ディスタフを7馬身差で圧勝して重賞初勝利をおさめた。


 同年12月にはGⅠクリストファー・クリス・アーモンド・スプリントTを勝利してGⅠ初制覇を達成。今回の勝利でGⅠ2勝目をあげた。通算成績は19戦9勝(重賞3勝)


 

☆チリの名種牡馬ヒューソネット(Hussonet)の名前がつけられたチリワインが日本でも購入できます。ぜひお試しあれ!


 



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

【Twitter】 @koyakinoshita24

【Instagram】 @kinoshita_koya1024

【Mail】 kinoshita.koya1024@gmail.com

Koya Kinoshita

スペイン語通訳

スペイン競馬と中南米競馬を隅々まで紹介&徹底解説する『南米競馬情報局』の運営者です。

全国通訳案内士というスペイン語の国家資格を所持しています。

東京在住のインドア派。モスバーガーとミスタードーナツが好きです。

  • X
  • Instagram
  • スレッド
  • note
  • Amazon
  • Ko-fi

CATEGORY

bottom of page