• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

マリンチェがGⅠハンディキャップ・デ・ラス・エストレージャスで鮮やかな逃走劇を見せる

 9月24日、メキシコのラス・アメリカス競馬場でGⅠハンディキャップ・デ・ラス・エストレージャス(ダ1810m - 3歳以上牝馬)が行なわれた。牝馬の頂上決戦である。


 GⅠハンディキャップ・モナルカを11馬身差で逃げ切ったプレシオーササフィーロ(Preciosa Zafiro)、今年の2冠牝馬ヌリク(Nulik)、中米選手権に出走するパスクアリータ(Pascualita)が出走せず、②aキャットレディー(Cat Lady)も取り消してやや寂しい8頭立てとなった。昨年の勝ち馬で2020年の3冠牝馬④ジョバニーナ(Giobannina)が連覇に挑む。今年は3戦して勝ち星がないが、そろそろ復活したいところ。3歳勢では③スーペルイヴォンヌ(Super Ivonne)に注目が集まった。


 ⑦インオルビダブレリリー(Inolvidable Lily)がハナを切り、①aマリンチェ(Malinche)が2番手につけた。1番人気のジョバニーナは中団の内で脚を溜めた。3コーナーあたりでルイス・コントレーラス騎乗のマリンチェが先頭に立つと、後続はまったくついてこれず、そのまま楽に逃げ切り勝ちをおさめた。重馬場の勝ちタイムは1分52秒60。離れた2着は追い込んだジョバニーナが入り、3着は⑤ベイビーアネル(Baby Anel)だった。


 マリンチェは父ファストアンナ、母オフビートヒート、その父レイテントヒートという血統の5歳牝馬。2017年4月1日にアメリカのエルム・ツリー・ファームで産まれた。2018年のキーンランド9月セールでヘルマン・ラレーア氏のサン・ホルヘに1万7000ドルで落札され、メキシコで競走生活を送ることになった。


 2019年8月31日にデビューし、2戦目で初勝利をあげた。3歳時は牝馬3冠2戦目のGⅠエスメラルダに出走して2着になった。その後は5連勝を達成。3走前のGⅢトナーラで重賞初勝利をおさめると、2走前のGⅡバトゥカーダも9馬身差で快勝した。前走のGⅠモナルカでは伏兵プレシオーササフィーロ(Preciosa Zafiro)の逃げ切りの前に11馬身差の2着に敗れたが、今回見事に巻き返してGⅠ初制覇を飾った。通算成績は16戦11勝(重賞3勝)、一度も2着を外していない。




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com