• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

3歳馬イエロアスキファールがGⅠグラン・サルを制してメキシコの短距離王に

 9月24日、メキシコのラス・アメリカス競馬場でGⅠグラン・サル(ダ1207m - 3歳以上)が行なわれた。


 重賞2勝の3歳馬⑦ハーペルリヴァー(Harpeth River)が取り消し、今年は9頭で争われた。昨年の勝ち馬①ウルフレッドアスキファール(Wolf Red Asquifar)、3連勝中の⑤ソヴリンインパクト(Sovereign Impact)が有力視された。


 1番人気のウルフレッドアスキファールが逃げ、それをマークするようにソヴリンインパクトが続いた。だが、3コーナーでアクシデントが発生。ソヴリンインパクトが故障して競走中止となった。代わって2番手に上がったルベン・エスカローナ騎乗の①aイエロアスキファール(Hierro Asquifar)が、直線で僚馬ウルフレッドアスキファールを差し切って優勝した。重馬場の勝ちタイムは1分11秒80。3着には⑧フィグレル(Figrel)が入った。


 イエロアスキファールは父クリムト、母スケーティング、その父オーサムアゲインという血統の3歳牡馬。2019年5月19日にアメリカで産まれた。2020年のセールでオルランド・マルティネス氏がわずか1000ドルで落札し、メキシコで競走生活を送ることになった。


 2021年6月2日にデビューしたがなかなか勝ち星をあげられず、7戦目でようやく勝ち上がった。3歳になった今年は8戦して4勝。前走のアローワンスでは4着に敗れており、今回は伏兵扱いだったが、重賞初制覇をGⅠの舞台で成し遂げた。通算成績は18戦6勝(重賞1勝)。




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com