• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

クリアドーレス・メヒカーノスで伏兵ロダンがGⅠ初制覇を飾る


ロダン(Rodin)
写真:Hipódromo de las Américas(@hipodromomex) / Miguel Spinozsa https://twitter.com/hipodromomex/status/1586583698610294787


 10月29日、メキシコのラス・アメリカス競馬場でGⅠクリアドーレス・メヒカーノス(ダ1810m - 3歳内国)が行なわれた。


 3冠馬イニエスタ(Iniesta)が回避したため、どの馬にも勝機のある4頭立てとなった。ダービーで2着だった①オーパストゥー(Opus Two)が圧倒的な1番人気に支持された。


 そのオーパストゥーがハナを切り、④インティ(Inti)が競りかけるように2番手につけた。離れた3番手を③ロダン(Rodin)が追走した。インティが早々に脱落すると、ロダンが2番手に上がっていった。直線ではこの2頭の一騎打ちとなり、フランシスコ・ゲレーロ騎乗のロダンが差し切り勝ちをおさめた。良馬場の勝ちタイムは1分52秒80。2着はオーパストゥーで、大差の3着がインティだった。



 ロダンは父ディアマンテネグロ、母プラーガ、その父スペクタキュラープリンスという血統の3歳牡馬。2019年1月21日にメキシコのガスパール・リベーラ・トーレス氏が生産した。


 2021年6月12日にデビューすると、3戦目で初勝利をあげた。2歳時にはGⅡドミンシアーノを勝利したが、GⅠでは2回走っていずれも3着に敗れた。その後はアローワンス戦でも結果を出せない不調に陥り、3冠競走には出走しなかった。前走のアローワンスを4 1/4馬身差で快勝してここに臨み、見事にGⅠ初制覇を飾った。通算成績は15戦4勝(重賞2勝)。


 今後は12月にベネズエラのラ・リンコナーダ競馬場で開かれる中米選手権クラシコ・デル・カリベに出走する可能性がある。ロダンが出走するとなると、メキシコ代表馬はイニエスタを含めて2頭になる。




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com