top of page

パスクアリータがGⅠクリアドーレス・メヒカーノスを優勝、いざ中米選手権へ


パスクアリータ(Pascualita)
写真:Hipódromo de las Américas(@hipodromomex) / Miguel Spinozsa https://twitter.com/hipodromomex/status/1586585054691606530


 10月29日、メキシコのラス・アメリカス競馬場でGⅠクリアドーレス・メヒカーノス(ダ1709m - 3歳牝馬内国)が行なわれた。


 牡馬のクリアドーレス・メヒカーノスと同様、こちらも4頭立ての開催となった。牝馬3冠最終戦のGⅠディアマンテを勝った①パスクアリータ(Pascualita)が1番人気に支持された。


 ③オクタビア(Octavia)と④プリスマティカ(Prismática)が並走してレースを引っ張った。離れた3番手に②アウチ(Ouch)が続き、パスクアリータはそこからさらに離れた最後方からの競馬となった。


 ミゲル・ロドリゲス騎乗のパスクアリータは3コーナーから進出を開始すると、直線の入り口では2番手まで上がった。そのままの勢いで逃げ粘るオクタビアも差し切って勝利をおさめた。勝ちタイムは1分49秒20。3着はアウチだった。



 パスクアリータは父ビッグアップル、母ロバンドミラーダス、その父アルドという血統の3歳牝馬。2019年4月20日にメキシコのイグナシオ・ボルケス氏が生産した。


 2021年9月10日のデビュー戦を白星で飾った。その後は重賞に挑戦するも勝ち星は得られなかった。しかし、牝馬3冠最終戦のGⅠディアマンテで伏兵ながら差し切り勝ちをおさめて重賞初制覇を飾った。前走の特別競走を含め、今回の勝利で3連勝、GⅠ連勝となった。通算成績は11戦5勝(重賞2勝)。


 今後は12月にベネズエラで開かれる中米選手権ダマ・デル・カリベに出走を予定している。ベネズエラ無敗の3冠を達成したリンダカーター(Lyndacarter)とぶつかる可能性もある。

 



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com


Koya Kinoshita

スペイン語通訳

スペイン競馬と中南米競馬を隅々まで紹介&徹底解説する『南米競馬情報局』の運営者です。

全国通訳案内士というスペイン語の国家資格を所持しています。

東京在住のインドア派。モスバーガーとミスタードーナツが好きです。

  • X
  • Instagram
  • スレッド
  • note
  • Amazon
  • Ko-fi

CATEGORY

bottom of page