top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

牡馬のフベニールは最低人気馬パフォーマンスクラウンがまさかの圧勝


パフォーマンスクラウン(Performance Crown)
写真:hipodromomex(@hipodromomex) https://twitter.com/hipodromomex/status/1601809553556848640


 12月10日、メキシコのラス・アメリカス競馬場でGⅠカンペオナート・フベニール(ダ1700m - 2歳)が行なわれた。


 7頭で争われた。①aビヨンアスキファール(Bjorn Asquifar)が1番人気に支持された。前走のGⅠディリクに続くGⅠ連勝を狙う。そのGⅠディリクで2着だった僚馬の①ブルウィンクルアスキファール(Bulwinkle Asquifar)が逆転を狙う。


 ビヨンアスキファールと⑥ミステルナブ(Mr. Nab)が競り合うように先頭を争ったが、向こう正面でビヨンアスキファールがハナに立った。3番手に④パフォーマンスクラウン(Performance Crown)が続いた。


 3コーナーの手前でミステルナブが脱落。ビヨンアスキファールも4コーナーで手ごたえを失った。2頭に代わって先頭に立ったルイス・ビジャヌエバ騎乗のパフォーマンスクラウンは直線で後続を引き離すと、2着に大差をつけて勝利した。7頭立ての7番人気という伏兵だった。勝ちタイムは1分46秒80。


 2着には内から伸びた⑤ウィルテイククラウン(Will Take Crown)が入り、ラファエル・リソ調教師の管理馬によるワンツー決着となった。3着はタイタンワン(Titan One)だった。期待されたアスキファールの2頭が4着と5着に沈み、大波乱の決着となった。



 パフォーマンスクラウンは父オスカーパフォーマンス、母メモリアルウォール、その父チャッタフーチーウォーという血統の2歳牡馬。2020年2月15日にアメリカで産まれた。翌年のセールで2500ドルで取引され、メキシコで競走生活を送ることになった。


 20222年6月10日にデビューし、2戦目で初勝利をあげた。5戦目のアローワンス戦で2勝目をあげてGⅡアナウアクに挑んだが、勝ち馬ビヨンアスキファールから9馬身離された6着に敗れた。


 重賞勝ちの実績がなかったため今回は最低人気だったが、低評価を覆して重賞初制覇をGⅠの舞台でおさめた。通算成績は7戦3勝(重賞1勝)。




内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page