top of page

偉大なる種牡馬ハットトリック、ブラジルで逝去

この記事はアルゼンチンの競馬メディア『トゥルフ・ディアリオ(Turf Diario)』が掲載した "A los 19 años murió en Brasil el generoso padrillo Hat Trick" を翻訳・一部改編したものになります。最終閲覧日:2020年8月4日

 

2020年シーズンの種付けシーズンをスタートし、スプリングフィールド牧場で種付けを終えた直後のことだった。


 優れた種牡馬であるハットトリックが、現地時間3日(月)の正午にブラジルで死亡したという悲しいニュースが入ってきた。ハットトリックはブラジルのパラナ州チジューカス・ド・スルにあるスプリングフィールド牧場で種付けを行なった直後、同牧場の馬房で亡くなった。19歳だった。同牧場の獣医師アンドレ・ボフ博士によると、死因は上大静脈損傷とのことである。ハットトリックは2017年よりブラジルで繋養されており、まもなくブラジルでの初年度産駒がデビューする予定だった。


 ハットトリックは日本国外におけるサンデーサイレンス系のもっとも優れた後継者の1頭である。アルゼンチン、オーストラリアだけでなく、アメリカのウォルマック・ファームとゲインズウェイ・ファームでも種牡馬として供用され、際立った成績を残した。



 2001年にサンデーサイレンスとトリックコードの間に産まれたハットトリックは、GⅢ東京新聞杯、GⅢ京都金杯に加えて、京都競馬場で行なわれたGⅠマイルCSと、香港のシャティン競馬場で行なわれたGⅠ香港マイルに優勝した。これらのレースはすべて1600m戦である。


 ハットトリックはブラジルで種牡馬になるにあたり、スプリングフィールド牧場とサンタ・ヒタ・ダ・セハ牧場によってシンジケートが組まれ、カルロス・ドス・サントス、コウデラリア・モンテール・パルナーソ、フィゲイラ・ド・ラゴ牧場、LLC、ナシオナル、オールド・フレンズ、ヘジーナ、ヒオ・イグアス、エテルナメンチ・ヒオといった有力馬主や生産牧場もシンジケートに参加した。2017年から2019年にかけて、ブラジルでもっとも種付けされた種牡馬の1頭であり、3年連続でブックフルとなった。2018年に産まれた初年度産駒は77頭がスタッドブックに登録され、2019年産馬も84頭が登録された。また、2019年には95頭に種付けを行なった。


 ブラジルで繋養される以前には、2009年にアメリカのウォルマック・ファームで飼養されており、2012年より同国のゲインズウェイ・ファームに移動した。2009年と2010年にはアルゼンチンのエル・マジン牧場で、2012年には同じくアルゼンチンのラ・ビスナーガ牧場でシャトル種牡馬として供用され、アルゼンチン競馬にハットトリックの産駒が登場することになった。


 北半球における最高傑作はフランスのダビルシムである。ダビルシムはGⅠモルニ賞とGⅠジャン・リュック・ラガルデール賞を制し、2011年のヨーロッパ最優秀2歳馬に選出された。アメリカでは、キングデイヴィッドがGⅠジャマイカHに優勝し、その他の活躍馬として、ブライトソートやドレスドインエルメスの名前が挙げられる。



 ハットトリックの偉大さがもっとも表れたのはアルゼンチンである。ハットプンターノはGⅠグラン・クリテリウムとGⅠ2000ギニーを勝利し、南アフリカに遠征してGⅡチャリティー・マイルを制している。同馬は現在、南アフリカのサマーヒル・スタッドで種牡馬になっている。


 ハットマリオは年末のマイル王決定戦であるGⅠホアキン・S・デ・アンチョレーナの勝ち馬。サパータはGⅠ2000ギニーの勝ち馬(※)。ジャイアントキリングはラ・プラタ競馬場伝統のGⅠダルド・ロチャの勝ち馬である。また、トライトゥワイス、ハットニンジャ、ハットバロール、ベトゥーラトリック、ハードトリック、キルケニーボーイ、ハットエルアブエロ、ロサリオトリックといった特別競走の勝ち馬も忘れてはならない。


※サパータの2000ギニーは2着入線だが、1着馬の降着によって繰り上がり優勝。また、GⅠラウール・イ・ラウール・E・シュヴァリエを1着入線しているが、後に降着になっている。同レースは現在GⅡに格下げされている。


 アルゼンチンでのハットトリック産駒は217頭おり、156頭が現時点で競走馬としてスタッドブックに登録されている。うち111頭が勝ち上がり、13頭が特別競走に勝利した。GⅠ馬は4頭。産駒の通算獲得賞金は5548万2587アルゼンチンペソ(≒8000万円)に及ぶ。



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

【Twitter】 @koyakinoshita24

【Instagram】 @kinoshita_koya1024

【Mail】 kinoshita.koya1024@gmail.com

Koya Kinoshita

スペイン語通訳

スペイン競馬と中南米競馬を隅々まで紹介&徹底解説する『南米競馬情報局』の運営者です。

全国通訳案内士というスペイン語の国家資格を所持しています。

東京在住のインドア派。モスバーガーとミスタードーナツが好きです。

  • X
  • Instagram
  • スレッド
  • note
  • Amazon
  • Ko-fi

CATEGORY

bottom of page