• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

パナマ3冠開幕戦ファミリア・デルバジェはミステルサンティが制す


ミステルサンティ(Mr. Santi)
写真:Hipódromo Presidente Remón https://www.instagram.com/p/ChOAbtLp1tG/

 8月13日、パナマのプレシデンテ・レモン競馬場で第83回アルトゥーロ・エリック・マックス・エリック・アルトゥーロ・イ・エリック・アントニオ・デルバジェ(ダ1800m - 3歳)が行なわれた。ファミリア・デルバジェと略して呼ばれるこのレースは、パナマ3冠競走の初戦となっているだけでなく、12月に開かれる中米選手権クラシコ・デル・カリベの代表選抜レースとなっている。


 今年は12頭立てとなった。レースは③ホセデラクルス(José De La Cruz)がハナを切り、2番手に⑥セニョールラモス(Señor Ramos)がつけた。向こう正面では馬群が横に広がり、5頭ほどが先頭を争った。3コーナーでマイケル・カスティージョ騎乗の⑤ミステルサンティ(Mr. Santi)が先頭に立つと、直線でも後続を突き放して優勝した。勝ちタイムは1分55秒27。2着はミステルサンティと一緒に上がっていった⑫ソルクンヘイ(Sol Kung Hey)が入り、3着は最内から抜けた⑩エルグランジャンマルコ(El Gran Gianmarco)だった。


「調教師と馬主の方々に感謝する。馬が残り600mで力強く伸びてくれたおかげで勝利することができた」と、マイケル・カスティージョ騎手は振り返った。


 ミステルサンティは父ジャガーポー、母グリゴーラ、その父チャーリーという血統の3歳牡馬。2019年にパナマのサン・ミゲル牧場で産まれ、フェアー・グラウンズ・ステーブルの所有となった。管理するのはルイス・パス・ロドリゲス調教師。


 今回の勝利で通算成績を6戦4勝、2着1回、3着1回とした。12月にベネズエラで行なわれるクラシコ・デル・カリベの出走権はポイント制となっており、ミステルサンティは5ポイントを加算した。2着には3ポイント、3着には1ポイントが与えられる。「まだ2冠残っている。2冠目に集中する」とロドリゲス調教師が述べたように、次走は2冠を目指して9月のアウグスト・サムエル・ボイド(ダ1800m - 3歳)に出走する。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)


【連絡先】

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com


【サポート】

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e