top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

GⅠ牝馬オーラペルフェクタが現役を引退して繁殖入り


オーラペルフェクタ(Ola Perfecta)
写真:Hipódromo de Monterrico https://hipodromodemonterrico.com.pe/monterrico/ejemplares-fotos?id_ejemplar=426948&tipo_vista=


 2022年のペルーGⅠパンプローナ(芝2000m - 3歳以上牝馬)を優勝したオーラペルフェクタ(Ola Perfecta)が現役を引退することが分かった。ペルーの競馬メディア『コンタクト・イピコ(Contacto Hípico)』が報じた。


 同馬はリステッド競走バタージャ・デ・アジャクーチョ(芝2000m - 3歳以上牝馬)に出走予定だった。しかし、調教中に負傷したため引退が決まった。今後はペルーのミルナ牧場で繁殖牝馬となる。


「ミルナ牧場との交渉がまとまり、今週中にオーラペルフェクタを同牧場に送ることになった。来年7月ごろに種付けされるだろう」と、同馬を所有するフレディー・ノッサール氏は述べた。



 オーラペルフェクタは父ココマンボ、母マレハーダ、その父ローマンルーラーという血統の6歳牝馬。2016年9月30日にペルーのサン・パブロ牧場で産まれた。


 2019年5月4日にデビューし、4戦目で初勝利をあげた。4歳までは目立った成績を残せなかったが、5歳になってリステッド競走を勝利。2022年5月2日のGⅢで2着になると、次走のGⅠパンプローナで鮮やかな差し切り勝ちをおさめた。


 パンプローナを勝利したことでBCフィリー&メアターフの優先出走権を手に入れた。しかし、アメリカ遠征は行なわずに国内専念が決まった。通算成績は27戦10勝(重賞1勝)。前走11月6日のリステッド競走での2着がラストランとなった。


■ 2022年のGⅠパンプローナ



内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page