• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

GⅠインディペンデンスCはダービー馬ストロークオブラックが勝利

 8月31日、トリニダード・トバゴのサンタ・ローサ競馬場でGⅠインディペンデンスC(ダ1800m - 3歳以上)が行なわれた。2021年は新型コロナウイルスの影響により中止となったため、2年ぶりの開催となる。


 レースはブライアン・ブードラムシング騎乗の2番人気④ストロークオブラック(Stroke Of Luck)が勝利した。道中は中団を追走すると、残り800m地点で3番手に上がり、直線で逃げた②スーパーバード(Super Bird)をとらえて2馬身差の勝利をおさめた。勝ちタイムは1分55秒20。3着は⑨ジャストエクスヘイル(Just Exhale)だった。1番人気に支持された①クーデター(Coup D' Etat)は5着に敗れた。


 ストロークオブラックは父ジュヴェ、母オールウェイズアプリンセス、その父カリスマティックキャットという血統の4歳牡馬。2018年4月20日にトリニダード・トバゴで産まれた。


 2021年1月23日にデビューしたが、6戦しても勝利をあげることはできなかった。しかし、未勝利馬ながら挑んだ11月13日のGⅠギニーズで2着になると、12月11日のGⅠトリニダード・ダービーSを2 1/2馬身差で勝利し、未勝利馬からいっきにダービー馬に上りつめた。GⅠ制覇はそのとき以来2勝目である。通算成績は14戦5勝(重賞2勝)。


 トリニダード・トバゴ産馬によるインディペンデンスCの勝利は、2013年のガルヴェストン(Galveston)以来である。2014,19,20年はジャマイカ産馬が、2015年から2018年までは北米産馬が勝利していた。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)


【連絡先】

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com


【サポート】

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e