• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

フランケル産駒ハイドロズが2022年よりウルグアイで種牡馬入り


写真:Racing Post https://www.racingpost.com/bloodstock/bloodstock-latest/juddmontes-half-brother-to-sangarius-sold-to-stand-in-uruguay/518949

 ウルグアイのロス・ビキンゴス牧場が、フランケル産駒のハイドロス(Hydros)をジャドモント・ファームから購入した。2022年よりウルグアイで種牡馬として供用される。レーシングポスト複数のウルグアイ・メディアが報じた。


 ハイドロズは父フランケル、母トロージャンクイーン、その父エンパイアメーカーという血統の4歳牡馬。2017年4月30日にジャドモント・ファームで産まれた。マイケル・スタウト調教師の管理馬として2020年6月26日にデビューし、2戦目で初勝利をあげた。勝ち星はこの1つのみで、通算成績は4戦1勝。


 母がトロージャンクイーンということは、ハイドロズは2019年のGⅢハンプトン・コートSを優勝したサンガリアス(Sangarius)の半弟にあたる。サンガリアスは今年からブラジルのサンタ・ヒタ・ダ・セハ牧場で供用されているため、兄弟がそろって南米で種牡馬生活を送ることになった。


 アルゼンチンのギドゥー(Gidu)、チリのクンコ(Cunco)など、南米でフランケル種牡馬が増えつつある。



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.keiba-latinamerica.com/donation

最新記事

すべて表示