• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

GⅠウルグアイ・ダービーを展望


写真:Más Hípica TV https://twitter.com/MasHipica/status/1455675170371170311

 11月7日、ウルグアイのマローニャス競馬場でGⅠナシオナル(ダ2500m - 3歳)が行なわれる。このレースはウルグアイ3冠競走の最終戦であり、ウルグアイのダービーに相当する。今年は11頭が出走する。


 注目が集まるのは、プレリュードライ(Prelude Rye)ラウンドオブアプローズ(Roundofapplause)の2頭のアルゼンチン産馬である。


 キャッチャーインザライ産駒のプレリュードライは、9月5日に行なわれた1冠目のGⅠポージャ・デ・ポトリージョス(ダ1600m - 3歳)を優勝した。大混戦の1戦で、プレリュードライは7番人気の伏兵だった。まぐれの1発ではないかと思われていたが、2冠目のGⅠジョッキークルブ(ダ2000m - 3歳)でも2着に入り、世代上位の実力の持ち主であることを証明した。鞍上はパブロ・ロドリゲス騎手が務める。


 そのプレリュードライをジョッキークルブで倒したのが、フェデリコ・ピーリッツ騎乗のフォーティファイ産駒ラウンドオブアプローズである。ポージャ・デ・ポトリージョスでは5着に敗れたが、距離延長で素質を開花させた。大外からの発走をどのように克服するか見物である。


 2強に迫れそうなのが、1枠1番を引いたフィリップソン所有のピンゴ(Pingo)である。ポージャ・デ・ポトリージョスではプレリュードライの2着に敗れた。2冠目のジョッキークルブは回避し、10月24日に地元で行なわれた競馬の南米選手権GⅠラティーノアメリカーノに登録したが、無理はせずにダービーに狙いを定めてきた。デビュー戦の7着を除けば5戦連続で連対中という堅実さは魅力充分。問題は2500mという距離だろう。


 前哨戦のGⅠクリアドーレス・ナシオナーレス(ダ1800m - 3歳)を鋭い末脚で勝利したパーフェクトラヴ(Perfect Love)にも勝機がある。1 1/2馬身という着差以上の完勝であり、距離が伸びてさらに良くなるイメージを植えつけてくれた。管理するのはウルグアイNo.1のアントニオ・シントラ調教師。結果次第ではドバイ遠征をすると早くも明言した。


【筆者予想】

◎パーフェクトラヴ

〇ピンゴ

▲プレリュードライ

△ラウンドオブアプローズ


■ GⅠポージャ・デ・ポトリージョス


■ GⅠジョッキークルブ


■ GⅢクリアドーレス・ナシオナーレス



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.keiba-latinamerica.com/donation