• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

2冠馬プレリュードライがGⅠホセ・ペドロ・ラミーレスも制してウルグアイ新王者に


写真:Hipódromo de Maroñas(@HipodromoUY) https://twitter.com/HipodromoUY/status/1479296795075174400/photo/3

 1月6日、ウルグアイのマローニャス競馬場でGⅠホセ・ペドロ・ラミーレス(ダ2400m - 3歳以上)が行なわれた。毎年1月6日に開催されるウルグアイ・チャンピオンズデーのメインレースであり、同国最大のGⅠ競走となっている。


 今年は12頭が出走した。昨年の覇者⑩アトレティコエルクラーノ(Atlético El Culano)が連覇に挑む。7歳の古豪⑥オリンピックハーヴァード(Olympic Harvard)は4度目の正直なるか。3歳勢からは、2000ギニーとダービーの2冠を達成した⑨プレリュードライ(Prelude Rye)が出走してきた。2冠目のGⅠジョッキークルブ(ダ2000m - 3歳)でプレリュードライを倒した⑧ラウンドオブアプローズ(Roundofapplause)、ダービー2着の①ピンゴ(Pingo)も加わり、これら5頭が上位人気を形成した。


 レースは①aオンザフラッド(On The Flood)がハナを切った。アトレティコエルクラーノが中団の外につけ、それをマークするようにプレリュードライが続いた。オリンピックハーヴァードとピンゴは後方で脚を溜めた。4コーナーでアトレティコエルクラーノが早くも先頭をうかがったが、いつものような伸びが見られない。馬群の真ん中を抜けたオリンピックハーヴァード、外から伸びてきたプレリュードライのほうが脚