• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

アメリカ重賞3勝のアイロニカスがウルグアイで種牡馬に


写真:Antonio Pato Castro(@acastroturf) https://twitter.com/acastroturf/status/1484985278217342976

 アメリカの重賞を3勝し、2016年のBCマイルでも4着に入ったアイロニカス(Ironicus)が、今年からウルグアイのドン・カルロス牧場で種牡馬となることが分かった。GRTV のアントニオ・カストロ氏が SNS で明らかにした。


※Ironicus はラテン語なのでイロニクスという原音表記のほうがふさわしいかもしれない。


 アイロニカスは父ディストーテッドヒューマー、母メーガンズジョイ、その父エーピーインディという血統。2011年4月20日にケンタッキーで誕生した。半兄にはペルーで種牡馬入りしたミニスターズジョイ(Minister's Joy)が、半妹にはアメリカ重賞2勝のオンリーヴ(On Leave)がいる。


 2013年11月30日に競走馬としてデビューすると、2戦目で初勝利をあげた。2015年にはGⅡディキシーSとGⅡバーナード・バルークHを優勝。翌年もGⅢフォート・マーシーSを勝利すると、GⅠマンハッタンSとGⅠシャドウェル・ターフ・マイルSで2着になった。


 2016年のBCマイル4着を最後に現役を引退し、2017年よりクレイボーン・ファームで種牡馬として供用された。代表産駒には、昨年3月6日にGⅡタンパ・ベイ・ダービーを優勝したヘリウム(Helium)がいる。


■ GⅡディキシーS


■ GⅡバーナード・バルークH


■ GⅢフォート・マーシーS



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.keiba-latinamerica.com/donation

最新記事

すべて表示