• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

アグネスゴールドの血が中東へ。ウルグアイのオンラレアルがサウジアラビアに移籍


サウジアラビアに移籍が決まったアグネスゴールド産駒のオンラレアル(Honra Real)。
写真:Germán Boiso(@BoisoGerman) https://twitter.com/BoisoGerman/status/1500576646537039881

 2021年のGⅠシウダー・デ・モンテビデオ(ダ2000m - 3歳以上牝馬)を優勝し、2020年のウルグアイ年度代表牝馬に選出されたアグネスゴールド産駒のオンラレアル(Honra Real)が、サウジアラビアに移籍することが分かった。イギリスを拠点に活動する代理人フェリピ・ロピス氏が自身の Instagram で明かした。


「オンラレアルはウルグアイからサウジアラビアに売却された。4歳牝馬で、通算成績は18戦10勝。2021年にはGⅠシウダー・デ・モンテビデオを優勝した非常にエキサイティングが牝馬である。サンデーサイレンスの血統力が親に見て取れる。父は多くの重賞馬を出したアグネスゴールドである。彼女の将来のキャリアに幸運を願っている」


 オンラレアルは父アグネスゴールド、母ウナルタハファエラ、その父ノーザンアフリートという血統の4歳牝馬。2017年8月2日にブラジルのニジュー牧場で産まれた。半姉にはGⅢフォメントを勝ったウォズニアッキ(Vozniacki)がいる。母母クイーンデセジャーダ(Queen Desejada)は牝馬ながらGⅠブラジルを優勝した名牝である。


 ウルグアイ馬主のリマールの所有となり、2020年6月21日にマローニャス競馬場でデビューした。2戦目で初勝利をあげ、3歳牝馬路線に乗った。GⅠセレクシオン(オークス)で2着、GⅡエスティムロで2着と重賞にはあと一歩届かなかったが、2021年1月17日に行なわれたウルグアイの最強牝馬決定戦GⅠシウダー・デ・モンテビデオを優勝し、2020年のウルグアイ年度代表牝馬に選出された。


 実はこのレースの後にも中東移籍の話があった。3月のUAEダービーに出走するため、新しい馬主に売却される予定だったのである。しかし、UAEダービーには招待されず、ウルグアイの残ることが決まった。


 通算成績は18戦10勝。GⅠシウダー・デ・モンテビデオを含めて重賞を4勝した。前走4月1日にラス・ピエドラス競馬場で行なわれた特別競走を勝利し、これが南米大陸でのラストランとなった。


■ GⅠシウダー・デ・モンテビデオ



 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e