• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

半世紀を経て、ソニー・レオン騎手がベネズエラ人騎手として2人目のケンタッキー・ダービー制覇

この記事は、スペイン語版のアメリカ競馬メディアである『アヘンテス305(Agentes 305)』と『エクサクタ・ボックス(Exacta Box)』、および、コメンテーターのダーウィン・ビスカヤ氏とジョー・ブルーノ・オルティス氏がソニー・レオン騎手に行なったインタビュー内容を基に作られました。

 

 5月7日にアメリカのチャーチルダウンズ競馬場で行なわれたGⅠケンタッキー・ダービーは、ソニー・レオン騎乗の19番人気㉑リッチストライク(Rich Strike)が優勝した。道中は先頭から離れた後方を進み、直線で上手く馬群を捌いて抜け出すと、2着の1番人気③エピセンター(Epicenter)に3/4馬身差をつけて勝利した。


 イシリアルロード(Ethereal Road)が回避して急遽出場することになったソニー・レオン騎手はレース直前のインタビューで、「調教師が私に電話してきて、『ソニー、ケンタッキー・ダービーに出られるぞ』と教えてくれたんです。ケンタッキー・ダービーに参加することは夢でした。競馬に携わるすべての人の夢です。自分にとって今日は重要な1歩であり、この場にいられることは本当に幸せです。特に、今年は私が出場唯一のベネズエラ人騎手ですから」と、ダービー初騎乗の喜びを語った。


 レースに向けた作戦については、「馬の状態はとても良くなっています。調教の動きは満足できるもので、前走も見せ場のある競馬をしました。距離は少し長いかもしれませんが、今日のような馬場は合っていると思います。作戦はいつも通りです。8,9,10馬身くらい後方から落ち着いてレースを進めます」と述べていた。その言葉どおり、最後の直線で溜めた末脚を爆発させた。


 ソニー・レオン騎手は32歳。ベネズエラ北部にあるアラグア州の町ラ・ビクトリアで産まれた。2007年にボリバル州の州都シウダー・ボリバルにあるランチョ・アレグレ競馬場で騎手としてデビューし、その年の最優秀見習い騎手に選ばれた。2008年よりベネズエラの首都カラカスにあるラ・リンコナーダ競馬場に拠点を移すと、1年半で60勝から70勝をあげた。2010年2011年にはGⅢエドゥアルド・ララサバルを優勝した。


 2015年にアメリカに移籍すると、昨年は226勝をあげる活躍を見せた。2022年5月7日時点でアメリカ通算770勝だが、重賞勝ちはなく、今回のケンタッキー・ダービーが初重賞制覇となった。アメリカでの詳しい成績は Equibase を参照。


「ゴール板を通過したとき『ありがとう、ありがとう神よ』と感謝しました。とても感動しています。ゴールした瞬間はこれが現実かどうか分かりませんでしたが、19頭が自分の後ろにいたので確信しました。リッチストライクという馬のことは理解していました。スタートはイマイチでしたが、最初の直線とコーナーを良い形で入ることができました。巧みな作戦を練って、理想的なポジションにつけて、道中は我慢して、途中で少し詰まりましたが、追い出しのタイミングを待っているとスペースができて、馬が反応してくれて、ケンタッキー・ダービーを勝つことができました。ベネズエラのためにやってやりました。ベネズエラが歴史を作ったんです」


 ケンタッキー・ダービーにはこれまで9名のベネズエラ人騎手が騎乗した。その中で唯一勝利をあげたのが、1971年に優勝したベネズエラ調教馬のカニョネーロ(Cañonero)に騎乗していたグスタボ・アビラ騎手である。ソニー・レオン騎手は「エル・モンストゥルオ(ザ・モンスター)」とあだ名されたベネズエラ競馬史上最高の騎手と肩を並べた。


 この勝利にはベネズエラ競馬にとってもう1つ大きな意味がある。カニョネーロを管理していたフアン・アリアス調教師は、優勝から50年後の2021年8月に新型コロナウイルスで亡くなった。アリアス調教師がこの世を去った次の年のケンタッキー・ダービーで、ベネズエラ人騎手が51年ぶりの勝利を果たしたのである。


 アメリカ競馬殿堂入りを果たしている同じくベネズエラ人のラモン・ドミンゲス元騎手から、騎手を目指す若者に向けてメッセージを求められると、「騎手というのは簡単な職業ではありません。多くの労働、犠牲、根気が求められます。自分自身を信じること、間違いを見つけて改善していくことも大切です。日々勉強です。学んで、学んで、学ぶんです。私もそうやって続けてきて、実を結びました」


 レオン騎手は素晴らしい1日を次のように締めくくった。「世界最高の瞬間です。今日は家族を競馬場に連れてきました。1歳2ヶ月の娘はこれが初めての競馬観戦です。パウラ(娘)が私に幸運をもたらしてくれました。ケンタッキー・ダービー・ウィナーはソニー・レオンです。我々ベネズエラがケンタッキー・ダービーを勝ちました。ブエナス・ノチェス!」





 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e