• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

リンダカーターが無傷の3連勝でベネズエラ牝馬3冠の初戦を制す


写真:OFICIAL INH(@OficialINH) https://twitter.com/OficialINH/status/1533531542881959939

 6月5日、ベネズエラのラ・リンコナーダ競馬場でGⅠイポドロモ・ラ・リンコナーダ(ダ1600m - 3歳牝馬)が行なわれた。このレースはベネズエラ牝馬3冠競走の初戦となっている。


 直前の雨により重馬場での開催となった。②シルヴァネッラ(Sylvanella)が後続を離して逃げ、4頭がほぼ横並びで2番手集団を形成した。3コーナーで1番人気の⑤フィロメナ(Philomena)が早くも先頭に並んだが、直線ではラファエル・ソラーノ騎乗の①リンダカーター(Lyndacarter)が内から抜け出し、2着に3/4馬身差をつける差し切り勝ちをおさめた。勝ちタイムは1分38秒40。フィロメナと③エッセンシャルホワイト(Essencial White)の2着争いは、クビ差でフィロメナに軍配が上がった。


 リンダカーターは父ヴァケーション、母ダイヤモンドダズル、その父インディアンチャーリーという血統の3歳牝馬。2019年3月13日にベネズエラのラ・インバシオン牧場で産まれた。半姉セニョリータチェノーマ(Stra. Chenoma)はGⅢ勝ち馬である。


 2022年4月3日のデビュー戦を8馬身差で快勝すると、2戦目のGⅡアサンブレア・ナシオナル(ダ1600m - 3歳牝馬)でフィロメナを破って勝利した。今回再びフィロメナを倒し、デビューからわずか2ヶ月、無傷の3連勝でベネズエラ牝馬の世代の頂点に立った。通算成績は3戦3勝(重賞2勝)。


 次走は牝馬2冠目のGⅠプレンサ・イピカ・ナシオナル(ダ2000m - 3歳牝馬)に向かうとのことである。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。HP運営のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

G-mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

サポート : https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e