• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

マイティティコメートがストレンクスマスクとの一騎打ちを制してGⅠスプリンターズを勝利

 8月27日、ベネズエラのラ・リンコナーダ競馬場でGⅠスプリンターズ(ダ1200m - 3上)が行なわれた。12月に同国で開かれる中米選手権コパ・ベロシダーに向けて重要な1戦である。


 今年は11頭で争われた。昨年のこのレースの勝ち馬⑤ストレンクスマスク(Strength Mask)、今年に入って好調の重賞馬⑨マイティティコメート(My Títico Mate)。この2頭が有力と見なされた。


 レースはそのとおり2頭の一騎打ちとなった。道中はハナを切ったストレンクスマスクを、マイティティコメートがほぼ並んでマークする展開だった。直線ではジョナタン・アライ騎乗のマイティティコメートが抜け出し、ストレンクスマスクに2馬身差をつけて勝利した。勝ちタイムは1分10秒40。3着には③アレクサンダー(Alekssander)が入った


 馬主のアサトランは Twitter で「ここ結果を得られたのはホセ・ケラーレス調教師とチームの方々おかげである。彼らの献身と仕事ぶちに感謝する」と述べた。


 マイティティコメートは父ペドロカイマン、母オトラメロディーア、その父ショーアップという血統の5歳牡馬。2017年1月13日にベネズエラのラ・インバシオン牧場で産まれた。父のペドロカイマン(Pedro Caimán)は2015年にこのレースを制した内国産種牡馬で、産駒のGⅠ初勝利を親仔制覇で決めた。


 2019年10月6日にデビューし、3戦目で初勝利をあげた。距離の壁もあって3冠戦線ではまったく良いところを見せられなかったが、短距離路線にシフトして才能が開花。2021年にGⅢを2勝すると、今年3月のGⅢソコポー(ダ1200m - 4歳以上)も勝利した。通算成績は23戦9勝で、GⅠはこれが初制覇。


 中米選手権コパ・ベロシダーに向けて視界良好。




 内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)


【連絡先】

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com


【サポート】

https://www.amazon.jp/hz/wishlist/ls/2SZ4IYFB3H2AB?ref_=wl_share


【南米GⅠ馬名鑑、発売中です!】

https://note.com/koya_kinoshita/n/n2fa0cd6e260e