top of page
  • 木下 昂也(Koya Kinoshita)

競馬の中米選手権、スタンバイ完了。アメリカの名手が集結予定

 12月2日、カリブ競馬連盟が12月11日にベネズエラのラ・リンコナーダ競馬場で開催される中米選手権の各レースの登録馬を発表した。計6レースが行なわれ、ベネズエラ代表が28頭、パナマ代表が17頭、メキシコ代表が9頭、ドミニカ代表が5頭、プエルトリコ代表が3頭参戦する。



 中米ダービーにあたるクラシコ・デル・カリベ(ダ1800m - 3歳)はベネズエラ4頭、パナマ3頭、メキシコ2頭、ドミニカ1頭の10頭で争われる。無敗でベネズエラ牝馬3冠を達成したリンダカーター(Lynda Carter)メキシコ3冠を達成したイニエスタ(Iniesta)パナマ2冠馬ミステルサンティ(Mr. Santi)が激突する。


 中米オークスであるダマ・デル・カリベ(ダ1800m - 3歳牝馬)はベネズエラ4頭、メキシコ3頭、パナマ3頭、ドミニカ1頭の11頭立てが予想されている。メキシコGⅠ馬パスクアリータ(Pascualita)とベネズエラGⅠ馬フィロメナ(Philomena)の戦いに注目が集まる。


 中米の古馬最強馬を決める戦いであるコパ・コンフラテルニダー(ダ2000m - 3歳以上)には11頭が出走を予定している。昨年の覇者であるメキシコ代表のエルサント(El Santo)に、ベネズエラ最大の競走であるGⅠシモン・ボリーバルを制したダニエロルド(Danierold)が挑む。


 その他のレースの登録馬はカリブ競馬連盟のHPから閲覧できる。


 今年は参加する騎手も豪華である。イラッド・オルティスホセ・オルティスのオルティス兄弟に加えて、ハビエル・カステジャーノエミサエル・ハラミージョというベネズエラ出身者、リカルド・サンターナパコ・ロペスなど、アメリカで活躍しているラテン系の名手が参加予定となっている。


 ベネズエラでは現在 Covid-19 関連の規制により競馬場への観客の入場が認められていない。しかし、中米選手権開催日にはその規制が撤廃され、しかも無料で入場できるとのことである。名馬と名手を見に、多くの観客が競馬場に押し寄せるだろう。


内容が面白かった・役に立ったという方は、ハートボタンのクリックや、SNSのフォロー、サポートなどをよろしくお願いします。活動のモチベーションにつながります。


----------

木下 昂也(Koya Kinoshita)

Twitter : @koyakinoshita24

Instagram : @kinoshita_koya1024

Mail : kinoshita.koya1024@gmail.com

HP : https://www.keiba-latinamerica.com/

bottom of page