• 木下 昂也(Koya Kinoshita)

【2022年】この南米3歳馬が凄い!【牝馬編】

 南米ではほとんどの国で3冠競走が終わった。まだブラジルのリオ・デ・ジャネイロ地区の3冠競走とチリのダービーは残っているが、現3歳世代(2018年産馬)の格付けはおおむね済んだ。そこで今回は、南米にいる有力3歳牝馬を紹介する。


※レース名を押すとレース映像が見られます。


 南米牝馬で2強を形成するのが、アルゼンチンのディディア(Didia)とチリのイナダマス(Y Nada Más)である。


 オーペン産駒のディディアは、GⅠエンリケ・アセバル(芝2000m - 3歳牝馬)を3馬身差、GⅠコパ・デ・プラタ(芝2000m - 3歳以上牝馬)を4馬身差で勝利し、もはやアルゼンチン国内に敵はいない。馬体重440kg前後と小柄ながらあっさり逃げ切り勝ちをおさめるその姿は、レシステンシアの母マルアコストゥンブラーダ(Malacostumbrada)を彷彿とさせる。今後は、2月のGⅠミゲル・アルフレード・マルティネス・デ・オス(芝2000m - 3歳以上)で牡馬と戦うプランや、アメリカに挑戦するプランがある。アメリカの芝重賞を勝てる実力は充分にある。


 チリNo.1の生産牧場であるドン・アルベルト牧場で産まれたコンスティテューション産駒のイナダマスは、デビュー前から素質を高く評価されていた。が、無傷の3連勝で2歳重賞を2勝したものの、続くGⅠでは2度の2着と足踏みを強いられた。しかし、GⅠナシオナル・リカルド・リオン(芝2000m - 3歳)GⅠエル・エンサージョ(芝2400m - 3歳)で牡馬を撃破してGⅠを連勝。強烈な末脚が魅力の馬で、前走のGⅠラス・オークス(芝2000m - 3歳牝馬)でも差し切り勝ちをおさめてGⅠ3連勝と絶好調である。牡馬・古馬を含めても、チリの現役最強馬はこの馬と言っても過言ではない。2月6日のチリ・ダービーでも本命視されている。